たるみ施術の体験者の声

イメージ画像
A子さん
年齢
42歳
きになる部位
ほうれい線

ほうれい線が
薄くなった気がします

お悩み

40歳も過ぎ、肌がたるんできましたが、その中でも気になったのがほうれい線。同窓会で、同年代の方々と会いましたが、私と同じ年齢かと疑うほど、若い雰囲気の方がチラホラ。1人の方に、若くいる秘訣を聞いたところ、なんと美容整形をしたとのこと。こんなにも若々しくなれるのであれば、私もやってみたいと思い、美容外科へ足を運びました。
期待と不安でいっぱいでしたが、経験豊富な医師でしたので、安心して任せることができました。私が受けたのは、レーザーで行う施術です。症例写真を見せてもらい、この施術法であれば確実にほうれい線をなくすことができるのではないかと思ったからです。想像通り、1度の施術でほうれい線はほぼ目立たなくなりました。


選んだ施術:ポラリス(引き締めレーザー)
選んだ理由 私は、たるみの施術で、メスを使うというのは嫌でした。医師と色々相談し、メスを使わずに、痛みもあまりない施術を希望していて、すぐに効果を実感できるということで、ポラリスという施術法に決めました。

施術後の感想

ポラリスでのたるみ施術は、あっという間に終わりました。カウンセリング時に、早く施術は終わるということを聞いていたのですが、思った以上の早さでした。また、肌のたるみはほとんど見えなくなり、施術を受ける前よりも、随分と若返った気がします。1回の施術で、十分たるみ改善の効果を実感出来ましたが、複数回施術を受けることにより、さらに効果が現れました。 正直、美容整形を受けてすぐに頬のたるみが消え、ほうれい腺のない肌になれるとは思ってもみませんでした。施術には、結構な期間がかかると思っていたので、それなりの覚悟をして美容整形に臨みました。施術後は、多少赤みが出ましたが、冷やしていると徐々に赤みは消えていきました。痛みはほとんどなくて、美容整形をしたからといって、日常生活で困ることは特にありませんでした。 ポラリスという施術では、入院の必要はありません。施術を受けたその日には、すぐに自宅へ帰ることができました。何度か美容外科へ行き、施術を受ける必要はありますが、忙しい主婦やOLの方でも、ポラリスでのたるみ施術なら、ちょっとした空き時間にできるのでおすすめです。ほうれい腺はすっかりなくなり、若々しくなれたかと思います。


A子さんが行った施術のご説明

ポラリス(引き締めレーザー)とは?

イメージ画像

ポラリスは、「ラジオ波」と「ダイオードレーザー」が一緒になったもので、メスを使わずにたるみをなくすことが出来る安全な施術です。レーザーを当てるだけなので、肌に傷が付くことはほとんどなく、痛みもあまりないのが特徴です。ポラリスは、「コラーゲンの活性化」と「肌の引き締め」といった効果を発揮し、たるみ改善を行います。 ポラリス施術を受ける際の流れとしては、「カウンセリング」、「施術」、「アフターケア」の順番です。この施術は、激しい痛みを感じることがないため、麻酔をせずに受けられますが、「痛みに敏感」という人であれば、麻酔をしてもらうことも可能です。1回のレーザー照射で、肌に「ハリ」が出るのを実感出来ますが、間隔を空けながら、複数回照射することにより効果を長持ちさせることが出来ます。 ポラリスでの施術は、レーザーを照射するだけで切開はしないため、特に入院をして経過を見るということはありません。施術後、すぐに帰宅をして、「入浴」や「洗顔」など、普段通りの生活を送れます。ただ、レーザー照射後の肌は敏感な状態になっています。施術箇所に紫外線を当てたり、こすったりして刺激を与えないように気をつけることが大切です。