気になるたるみ部位ランキング

プヨプヨは脂肪?それとも皮?「お腹のたるみ」

主な原因

お腹周りは脂肪がつきやすいため、たるみに悩んでいる人は多いかも知れません。お腹がたるんでいると、女性らしいくびれのある体型には程遠く、周りにだらしない印象を与えてしまうことがあります。たるみの原因といわれているのは、「老化」「ホルモンバランスの乱れ」「出産」「生活習慣の乱れ」です。
老化によって、筋肉の働きが衰えてしまい、その影響から体がたるみやすくなります。ホルモンバランスの乱れは、老化や急激なダイエットで起こるものです。出産することで、赤ちゃんの入っていたお腹はしぼみ、脂肪だけが残ってしまいます。そのため、出産太りするという人は、少なくありません。生活習慣の乱れは、「不眠」や「食事制限」によって、不健康になり太りやすくなります。
お腹のたるみは、「脂肪」と「皮」に分かれます。脂肪の場合は、触った時にハリを感じることが出来ます。「運動不足」や「老化」が主な原因です。一方、皮のたるみは、フニャッと柔らかい感触が特徴です。「ダイエット」や「出産」が原因として考えられます。脂肪にしても、皮にしても、お腹がたるんでいると格好悪く見えます。たるみ改善には、生活習慣を見直したり、美容整形をしたりするのが良いでしょう。

『過度なダイエット』『出産後』に

20代という若い世代でも、肌のたるみが起こる場合があります。顔のたるみを引き起こす主な原因として、「弾力が失われること」「筋肉の力が落ちてしまうこと」などがあります。これらは、肌のたるみに直接繋がるものです。体の機能が低下してくると、たるみは起こります。しかし、肌の弾力低下や筋肉の力が落ちる要因を引き起こすのは、体機能の低下だけではなく、「外的要因」「内的要因」「生活習慣」によるものがあります。「外的要因」とは、周りの環境によって影響を受けてしまう要因のことです。肌の乾燥や、太陽からの紫外線、ストレスといったものがあります。肌のハリ、機能低下を引き起こしてしまいます。次に「内的要因」ですが、体の内側から起こる原因のことです。これには活性酸素が関係しています。活性酸素とは、体内に取り込んだ酸素が変化して出来るものです。体内にあると、細胞の老化を引き起こしてしまいます。発生原因としては、ストレスや紫外線による影響が挙げられます。「生活習慣」には、喫煙や睡眠不足などがあります。これらは若い年齢の人にもあてはまるものです。そのため、20代という若い世代でも、たるみが起こってしまうのです。

主な施術方法のご紹介

たるみの治療法は、「切開」や「脂肪吸引」、「レーザー」、「注入」、「糸」です。切開は、メスを使い、たるみの元となる脂肪を除去します。持続性の高さが魅力です。脂肪吸引は、専用の機械を使って、細かな脂肪まで除去出来る治療。レーザーは、たるみ部分に光を照射する方法です。どちらも効果が長続きします。注入は、値段が安く、手軽に受けられて、肌への負担も少ないです。糸は、体内に入れて脂肪を引き上げるという治療です。「溶ける糸」と「溶けない糸」があります。溶ける糸は、効果の持続期間が短いですが、体への負担は少ないです。溶けない糸の場合は、持続期間が長く、引き上げ効果抜群ですが、修正が効きづらいです。

    主な施術方法のご紹介

  • ・切開手術・脂肪吸引
  • ・レーザー治療
  • ・注入法
  • ・糸によるフェイスリフト

    主な施術方法のご紹介

  • 急激なダイエットにより皮膚がたるんでしまった方

    腫れぼったく見えてしまう目元のたるみも、この施術で改善!

  • 脂肪と皮膚のたるみをなくしたい方

    口元のたるみ解消をすると、明るい印象にすることが出来ます。

  • 妊娠の為、伸びた皮膚を戻したい方

    アゴや頬などフェイスラインを整えると、若々しく見せられます