気になるたるみ部位ランキング

はみだした、たるみ見えない『背中』のたるみ

主な原因

背中のたるみの原因は、筋肉が衰えたことで起こります。背中の筋肉が衰えると脂肪も増えてきて、それがたるみとなるのです。背中の筋肉の低下は、20代の頃から始まっているといわれています。筋肉の低下以外でも、柔軟性が低下した場合も背中にたるみが発生します。肩周りや肩甲骨などをあまり動かさないでいると、凝り固まってしまい、柔軟性が失われていきます。柔軟性がなくなると血の巡りも悪くなるため、新陳代謝の機能も落ちるので脂肪がつきやすくなるのです。タクシー運転手やデスクワークなど、ずっと同じ姿勢を続ける仕事の人は背中の筋肉を動かす機会があまりないので、背中のたるみを発生させやすいです。意識して、定期的に肩甲骨を動かす運動を取り入れましょう。また、猫背など姿勢が悪い場合も背中のたるみを発生させやすいです。猫背にならないように、綺麗な姿勢を意識して過ごすことも大事です。放っておくとたるみが広がり、お腹周りにもぜい肉が増えてきます。服を着てもぜい肉がはみ出して不格好に見えるので、見た目の印象を損なってしまいます。また、肩こりや腰痛を引き起こす場合もあるので、そのままにしておかずに、美容外科で改善を図りましょう。

はみ出したぜい肉は自分では見えないんです。

綺麗なボディラインを作ることは多くの女性の憧れですが、背中にたるみがあると美しいラインが実現しません。そればかりか、背中のはみ出したぜい肉は自分では見えないので気づきにくく、知らないうちに見た目の美しさを損なっている場合も多いものです。お腹や二の腕、顔などは、自分でも見ることが出来るのでたるみに気づきやすく、すぐに改善策を取ることが出来ます。しかし、背中のたるみは見えないので、そのまま気づかずに大きくなってしまいがちです。運動をしている人なら、自然と背中のぜい肉も取れていきますが、運動の習慣がない人の場合は注意が必要です。意識して背中の筋肉を動かすことを考えましょう。背中のたるみは、自分で気付けないからこそ、常に意識をしていなければいけません。肩を動かしたり肩甲骨周りが凝り固まらないように意識すると、背中にぜい肉がつきにくくなり、たるみの発生を防ぐことが出来ます。背中にたるみが出来るのは老化の現象だともいわれていますが、意識して動かしていれば改善することが出来るのです。もし、たくさんのたるみがついた場合でも、美容外科の施術で改善が出来ます。その場合は、たるみの症状に合った、的確な施術をしてもらいましょう。

主な施術方法のご紹介

美容外科には、背中のたるみを改善するための様々な施術法があります。「脂肪吸引」をはじめ、「脂肪溶解注射」や「サーマクール」、「フォトRF」などがあります。脂肪吸引は気になる部分の脂肪だけを吸い取ることが出来るので、背中の脂肪を取り除けばたるみも改善されます。脂肪やたるみが無くなるだけでなく、脂肪細胞自体を吸い取るので、リバウンドがしにくい体になります。脂肪溶解注射は、気になる部分に注射をして脂肪やたるみを改善させます。サーマクールは、高周波の力でコラーゲンを作り肌の活性化をしてたるみを取る方法です。高周波を使って肌の引き締め効果を高める方法のフォトRFは、たるみだけでなく、しみの改善にも使われる施術です。

    主な施術方法のご紹介

  • ・脂肪吸引
  • ・脂肪溶解注射
  • ・サーマクール
  • ・フォトRF