気になるたるみ部位ランキング

ぽっちゃり太って見える『二の腕』のたるみ

主な原因

二の腕は、歳を重ねることで出てくる”たるみ”が目立ちやすい部位です。そのため、太っているように見えてしまうこともあります。二の腕の”たるみ”は、筋力が低下したことにより出てきます。”上腕三頭筋”という筋肉が二の腕の”たるみ”の原因となるのです。普段の生活で、腕を使う場面は多くあります。子供を抱いたり、買い物袋を持ったり、普段から使っているため、筋力が低下することはイメージしにくいでしょう。しかし、こういった普段の生活で使っている二の腕の筋肉は、”上腕二頭筋”という筋肉です。”上腕三頭筋”は、腕立て伏せや、ダンベルで鍛える際に外部からの刺激によって働きます。普段の生活の中で使うことがないため、筋力が低下してしまうのです。こうして細く衰えた二の腕には、脂肪が付きやすくなります。付いた脂肪の重みを支える力がないため、脂肪がたるんでしまうのです。それが二の腕の”たるみ”となってしまいます。こうした二の腕の”たるみ”は鍛えることで引き締めることが出来ますが、それでも改善出来ない場合は、「美容整形外科」で脂肪を除去し、たるみを解消することが出来ます。短期間でスリムになることが出来るのです。

たるんだ二の腕は全身のたるみを想像させるんです

二の腕が太いことを気にして、洋服で隠す女性は多く居ます。それは、二の腕がたるむと、二の腕が太く見えることはもちろん、全身が太っているように見えるためです。それだけでなく、老けて見えてしまうこともあるのです。二の腕の”たるみ”は、見た目に大きな影響を与えます。二の腕がたるむことで、全身がたるんで老けて見えてしまうのには、理由があります。それは、背中です。背中にある伸筋の筋力がなくなると、二の腕の筋力も衰えます。さらに、肩や背中が丸くなってしまい、お腹の脂肪が前に出てしまいます。脚にも症状が進行し、”たるみ”だけでなく、老化の症状も出てくるようになるのです。背中は普段の生活の中で、目に届かない体の部位です。しかし、二の腕がボディラインを決めてしまうのです。背中や二の腕に脂肪が付き、お腹まわりやお尻まわり、脚の伸筋がたるみ始めると、引き締めるまでに、長期間かかってしまいます。美容整形外科では、”たるみ”をすぐに改善出来る治療を取り扱っています。脂肪を直接除去し、皮膚を引き締める効果もあります。部分的に引き締めることが出来るため、メリハリのあるボディラインに仕上げることができ、スリムに見せることが出来るのです。

主な施術方法のご紹介

”たるみ”は、美容整形外科の治療で除去することが出来ます。”たるみ”の原因となる脂肪細胞を様々な方法で分解し、体の外へ排出する治療を取り扱っています。その中でも一般的なのが、「脂肪吸引」です。脂肪吸引には、レーザーの光を使った脂肪除去、水を使った脂肪除去、このどちらも取り入れた脂肪除去があります。機器の特徴を活かし、脂肪細胞を除去しています。他にも、「脂肪溶解注射」も取り扱っています。脂肪が気になる箇所に薬液を注入します。効果をすぐに実感したい場合は、「皮膚切除」が最適です。余分な皮膚にメスを入れ除去し、皮膚を縫合することで引き締めることが出来ます。その人に合った”たるみ”に合わせて、治療が提供されています。

    主な施術方法のご紹介

  • ・脂肪吸引
  • ・脂肪溶解注射
  • ・ボトックス注射
  • ・皮膚切除