たるみのコラム

たるみは予防できるんです!たるみ予防

顔のたるみとは、見た目の美しさを損ねてしまう肌トラブルのひとつで、これがあるだけで実年齢よりもかなり老けて見られることがあります。たるみが発生する原因は、加齢による場合もありますが、実は日常の生活習慣やふとした癖などにより引き起こされることもあるのです。周りにいる同年代の友達の肌を、自分の肌と比べてみた時、あまりの違いに驚いてしまった経験があるという人もいるのではないでしょうか。たるみを引き起こす原因を知り、肌に悪い影響を与えないように努めていきましょう。そうすることで、周りと比べて落ち込んでしまうというようなこともなくなり、悩みのたねをひとつ取り除くことが出来ます。このページでは、一体どのような行動がたるみ発生の原因になっているのか、わかりやすく説明しています。自分にも該当するようなものがないかどうか、チェックしてみましょう。中には、無意識のうちに行っていたようなこともあるかもしれません。知らず知らずのうちにやってしまっていたという人は、今日から意識して改善を図りましょう。日々の積み重ねが、たるみのない美しい肌を作りあげるのです。まずは自身で出来ることから始める、これが大切です。

体のたるみを防ぐ生活習慣

自分では気づかないうちにやってしまっている、何気ない仕草。その仕草がたるみを招く原因になっている場合があります。目をこする、頬杖をつくなどといった仕草により、皮膚の老化を進ませている可能性も。また、食事の際に片方だけで噛む癖がある人は、顔に歪みやたるみが起こりやすくなります。他にも、就寝時の体勢や普段の表情なども、たるみ発生に大きく関わってくることがあるのです。まず、原因を作る仕草について説明します。

  • 肩こり

    肩こりは、体の健康面を害してしまうだけでなく、美容面に悪影響を与えます

  • 目をこする

    目を頻繁にこすっていると、「眼瞼挙筋」の力が弱まり、たるみが生じます

  • 頬杖をつく

    頬杖をつくと、その部分の皮膚が伸び、たるみが出来やすくなってしまいます

  • 片方ばかりで噛む

    いつも同じ側の歯で咀嚼していると、たるみや顔の歪みが生じてしまいます

  • 横向きで寝る

    横向きで眠ると、枕に触れたほうの頬が押しつぶされ、たるみが起きることも

  • 口をへの字にする

    口角を下げていると、表情筋の機能が衰え、たるみが生まれます


その他にも…スイーツや甘いジュースをよく口にする、やわらかい物ばかり食べている、鼻呼吸ではなく、口呼吸

甘いものには、人工甘味料やAGEと呼ばれる成分が含まれていることが多く、摂り過ぎるとたるみの原因になります。柔らかいものばかり食べるのもNGで、これによりフェイスラインがたるんでしまうこともあります。顔の筋力アップのためにも、歯ごたえのあるものを食べるようにしましょう。また、口周りにの筋力が衰えると鼻呼吸がしづらくなるので、鼻呼吸よりも口呼吸のほうが楽に感じるようなら、それはたるみが発生しやすい状況といえます。

顔のたるみを防ぐ生活習慣

  • よく噛んで食べる

    食事をする時、片側の歯で噛むと歪みやたるみの原因となるので、バランス良く両側の歯を使って食事するようにしてください。また、噛む回数を増やすと顔の筋肉やあごの力が鍛えられて、たるみが起こりにくくなります。

  • 甘いものを控える

    糖質の摂り過ぎは、血液に悪影響を及ぼし、ドロドロした血液を作り出します。そうなれば老廃物が体内に溜まり、むくみやたるみが発生します。甘いものを控えれば、自然と解消させることが出来るので、実践しましょう。

  • 腸内環境を良くする

    腸内環境を良くすることで、体内の老廃物が排出され、結果たるみ解消が期待出来ます。腸内環境を整える食生活を心がけると良いでしょう。またニキビの原因にもなるので、腸を綺麗に保つことは肌のためにも大事なことです。

  • 紫外線にあたらない

    紫外線は肌の活性化を奪い、たるみを発生させる原因となります。肌トラブルを避けるためには、外出の際に紫外線を避ける必要があります。日焼け止めクリームを塗る、日傘をさすなどといった対策を心がけましょう。

  • 表情筋をよく使う

    表情筋を多く使うことは、顔に豊かな表情が生まれるだけでなく、滑舌も良くします。また、表情筋が鍛えられてたるみが起こりにくくなります。普段から無表情を貫いている人は、たるみも起こりやすいので気をつけましょう。

下線