たるみの三大原因

下がって欲しくないのに下がる、肌がたるんでしまう原因って?

  • 皮膚のたるみ
  • 筋肉のたるみ
  • 脂肪のたるみ
イメージ画像

皮膚のたるみ

皮膚がたるむと、老けて見られてしまうことがあります。男女共に、年齢を重ねるとたるみに悩まされますが、女性は特に見た目を気にするため、たるみがあることで自信を失ってしまうという人も少なくありません。多くの人が悩むたるみですが、実は原因のひとつとして「筋肉」が挙げられます。10~20代は、筋肉の働きが活発なので、たるみに悩む人はそれほどいませんが、加齢が進むと筋肉の働きが衰えていくので、肌がたるんでいきます。

筋肉のたるみのメカニズム

筋肉がたるむとは、腹筋は弱くなると、脂肪を引っ張り切れなくなるので弛んだように見えるのです。

老化により筋肉が衰えていくことで、顔だけでなく、「お尻」や「お腹周り」といった体の部分も、筋肉のたるみが発生します。筋肉がたるむ原因は、加齢と考える人がいますが、実はそれだけでなく、「筋肉をあまり使わない」というのも原因のひとつです。そのため、「顔の表情があまり変わらない人」や「運動をあまりしない人」は注意が必要です。また、ホルモンの減少も、たるみの原因です。
普段の生活の中で、「パソコンやスマートフォンを長時間操作する」「睡眠不足」「生活リズムの乱れ」に心当たりのある人は、顔のたるみが心配されます。また、「姿勢が悪い」「食事の量が少ない」などに心当たりのある人は、「お尻」や「お腹周り」、など体にたるみが出てくる可能性があります。
「筋肉のたるみを阻止する」、「たるみを事前に予防する」ためには、「筋肉を鍛える」ということが大切です。顔のたるみが気になる人は、表情筋を鍛えましょう。口を大きく開けて動かすことで、表情筋が活発に働き、たるみを改善することが出来ます。「お尻」や「お腹周り」など、体のたるみが気になる人は、たるみの気になる箇所を刺激するような運動を心掛けることで、若々しい肌へと変化します。

たるみが気になるからと言って過度の筋力をつけると、逆にシワを濃くしてしまう可能性も・・・

美容のために運動・筋トレしてますか?

たるみを改善するために、筋肉を鍛えることはとても有効です。しかし、過度に筋肉を鍛えてしまうと、新たに「悩みの種」を生み出してしまいます。その種は「シワ」です。筋肉を鍛えようと、過度なマッサージや運動を行うと、コラーゲンを支えるエラスチンという繊維を破壊し、肌の弾力を保つことが出来なくなってしまいます。これにより、シワが出来やすくなってしまうのです。さらに、活性酸素の活動を活発にしてしまうため、筋肉の老化も早まります。

イメージ画像

運動不足やホルモンの低下、栄養障害などで筋量が衰えていきます。

皮膚がたるむと、老けて見られてしまうことがあります。男女共に、年齢を重ねるとたるみに悩まされますが、女性は特に見た目を気にするため、たるみがあることで自信を失ってしまうという人も少なくありません。多くの人が悩むたるみですが、実は原因のひとつとして「筋肉」が挙げられます。10~20代は、筋肉の働きが活発なので、たるみに悩む人はそれほどいませんが、加齢が進むと筋肉の働きが衰えていくので、肌がたるんでいきます。

主な施術方法

美容外科で行われているたるみ改善の施術として、「注射・点滴での治療」「専用機器を用いた治療」「針や糸を使った治療」があります。以前は、メスでたるんだ皮膚を切除するという施術がよく行われていましたが、最近はメスを使わずに出来る、体を極力傷つけない施術が基本になりつつあります。たるみで悩んでいる人は、美容外科で相談することにより、即座に悩みを解決出来ます。切らないたるみ治療は、大きく分けて3種類です。

  • 注射・点滴を使う施術法 肌の弾力の低下

    ・ヒアルロン酸注入
    ・脂肪注入
    ・レディエッセ注入
    ・ボドックス注射
    ・ビタミンC点滴

  • 機器を使う施術法 肌の弾力の低下

    ・サーマクール
    ・フラクショナルCO2レーザー
    ・ポラリス
    ・フォトRFリファーム
    ・eマトリックス

  • 針・糸を使う施術法 肌の弾力の低下

    ・フェザーリフト
    ・フェイスリフト
    ・スレッドリフト
    ・ゴールデンリフト
    ・韓国式美容針