たるみの三大原因

下がって欲しくないのに下がる、肌がたるんでしまう原因って?

  • 皮膚のたるみ
  • 筋肉のたるみ
  • 脂肪のたるみ
イメージ画像

脂肪のたるみ

”たるみ”が出来る原因は様々あります。その原因のひとつとして、”脂肪”があります。たるみの原因となる”脂肪”は、体の動きをサポートする働きがあります。しかし、皮下脂肪が増えることで体が重みに耐え切れなくなり、それが”たるみ”となって表れてくるのです。特に”顔”の場合は、進行が早いです。紫外線は”たるみ”の原因のひとつです。顔は紫外線を受けやすく、”たるみ”の手助けをしてしまうため、進行が早くなるのです。

筋肉のたるみのメカニズム

筋肉がたるむとは、腹筋は弱くなると、脂肪を引っ張り切れなくなるので弛んだように見えるのです。

歳を重ねると、肌に”たるみ”が出てきます。”ほうれい線”、”顎”、”バスト”、”二の腕”、”お腹周り”、”お尻周り”・・・顔はもちろん、体にも”たるみ”が出て来るのです。10代や20代は肌に弾力がありますが、30代以降になってくると、ハリや潤いが徐々になくなってきます。肌には、ハリや潤いを保つために、コラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分が豊富にあります。しかし、それが歳を重ねる毎に減少してしまい、脂肪を支えきれなくなってしまいます。さらに、筋力も衰えてくるため、脂肪の重みとともに皮膚に”たるみ”が出てきます。”たるみ”は、肌にある美容成分の減少や筋力の低下により、支えきれなくなった脂肪が垂れたことで表れてしまうのです。”たるみ”は、歳を重ねるとどうしても出てしまうものですが、進行を遅くすることは出来ます。その方法は、普段の生活の中で出来る「ストレッチ」や「スキンケア」です。こうしたケアでも改善することが出来ない”たるみ”は、「美容整形外科」で改善することが出来ます。その人の症状に合った方法で治療を進めるため、確実な効果を得ることが出来ます。全身に出てくる”たるみ”に効果があるのです。

たるみが気になるからと言って過度の筋力をつけると、逆にシワを濃くしてしまう可能性も・・・

たるみが気になるのはどんな時?

『今すぐ痩せたい』という思いから、過度な食事制限や運動で急激に痩せるダイエットをする人がいます。そういう人に多く見られるのが、”皮膚のたるみ”です。その原因は、皮膚が体の変化に対応出来ないということです。急激に痩せると、伸びてしまった皮膚だけが残ってしまいます。痩せる早さに皮膚が付いて行けず、”皮膚のたるみ”として残ってしまうのです。皮膚は元に戻ろうとする働きがありますが、それには時間がかかってしまいます。

イメージ画像

運動不足やホルモンの低下、栄養障害などで筋量が衰えていきます。

加齢と同時に衰えてくるのが、筋力です。筋力が衰えると”たるみ”だけでなく、健康にも影響を起こします。そのひとつが、基礎代謝の低下です。人の体は食べ物を消化・吸収し、エネルギーを消費する働きがありますが、基礎代謝が低下すると消費量が減ってしまい、体に蓄積されます。それが脂肪として体に残ってしまい、太ってしまうのです。また、この脂肪は放っておくと徐々に下に垂れていき、脂肪の”たるみ”として表れてきます。

主な施術方法

美容外科で行われているたるみ改善の施術として、「注射・点滴での治療」「専用機器を用いた治療」「針や糸を使った治療」があります。以前は、メスでたるんだ皮膚を切除するという施術がよく行われていましたが、最近はメスを使わずに出来る、体を極力傷つけない施術が基本になりつつあります。たるみで悩んでいる人は、美容外科で相談することにより、即座に悩みを解決出来ます。切らないたるみ治療は、大きく分けて3種類です。

  • 注射・点滴を使う施術法 肌の弾力の低下

    ・ヒアルロン酸注入
    ・脂肪注入
    ・レディエッセ注入
    ・ボドックス注射
    ・ビタミンC点滴

  • 機器を使う施術法 肌の弾力の低下

    ・サーマクール
    ・フラクショナルCO2レーザー
    ・ポラリス
    ・フォトRFリファーム
    ・eマトリックス

  • 針・糸を使う施術法 肌の弾力の低下

    ・フェザーリフト
    ・フェイスリフト
    ・スレッドリフト
    ・ゴールデンリフト
    ・韓国式美容針